【DBグッズ開封ブログ番外編】「Figure-rise Standard 超サイヤ人3孫悟空」を作ってみた!

2016.11.07
プラモ特戦隊Mことミヤザワです。おなじみとなってきました、DBグッズ開封ブログ番外編のプラモ編第3回! そろそろ番外編というより、“DBプラモ組立ブログ編”とかにしたいですね。
そんなことより、今回も試作品の入手に成功したぞ! まずはこれだっ!!
※写真は試作品のため、実際の商品とは多少異なる場合がございます。


11月12日(土)発売の「超サイヤ人3孫悟空」!! 魔人ブウとの戦いで始めて見せた姿だ! それでは早速、組み立ててみよう!


やはり目につくのはこの髪のパーツ! 2ランナーもあるボリュームだ。
ちなみにこの写真以外の身体のパーツは、発売中の「超サイヤ人孫悟空」と共通である。


前から順番に、複数のパーツを組み合わせて大きな髪を組み立てていく。これだけでも迫力があるなあ…!


ということで一気に組み上げ! 眉毛のなくなった険しい顔つきもしっかり再現されている!
さすがに自立は難しいかな?と思いや、普通にできた!! あ、そうか、髪の中が空洞だからそこまで重くないのか。プラモならではのメリットと言えますなあ。

ボディはいつもみたいにスミ入れ済み。以前紹介した悟空はかなり汚してしまったので、今回は比較的抑え目にしてみた。髪に何も手を加えていないのは、バンダイホビー事業部のO氏(通称:川口名人の5番目の弟子※)からこんなアドバイスが来ていたからである。

※川口名人とは、モデラーとしても有名なバンダイの川口克己氏。実際に5番目の弟子かはわからない。


「根元の部分をクリアオレンジで吹いて、毛先にかけてグラデーションにするとすごくきれいです。仕上げにパールホワイトを吹くとキラキラでいい感じになります」

グラデーションというのは、↓のような感じで濃淡を付ける塗装処理で、立体的な表現力が増し見栄えがよくなるのだ(フィギュアの塗装でよく用いられている)。


黄色⇔オレンジ


グラデーション処理はエアブラシを使うのがもっとも適切なのだが…。プラモ特戦隊は低予算なのでエアブラシが買えない!!(泣) 缶スプレーでもできなくはないが、そもそもミヤザワの技術力が足りないから無理そうできるだけお手軽に加工するのが本ブログのモットーである!!
ということで、いつものリアルタッチマーカーを使ってグラデーション処理に挑戦だ!!


各パーツの根元付近をオレンジで塗り、毛先にかけて薄くなるように綿棒で拭き取る。根元付近の色が濃くなるよう、重ね塗りを何度も行って調整した。


裏面も同様にグラデーション処理を行ったほか、モールド部分にも薄くオレンジを入れてみた。


軽くくっつけながら全体を見てグラデーション具合をチェック。あまり濃すぎるとオレンジの髪色になってしまうので、ちょっとずつ調整だ。



というわけでできました! 上の写真がグラデーションを行った後、下が行う前の状態だ。髪の重なり部分の色が濃くなるようにすると、陰影っぽくなるかな? 始めてグラデーション処理をやってみたけど、確かにこれはいいものですなあ!
そして仕上げに、アドバイス通り缶スプレーのパールホワイトで髪の全体を塗装。髪以外はつや消しトップコートで処理して全行程終了!




写真だとわかりにくいのだが、ホワイトパールにより髪が少し白っぽくテカテカ光るようになった! 直接見ると本当にきれいだぞ。今まで髪もツヤ消ししていたけど、今回のようにキラキラさせるのもいいなと感じた! ナイスアドバイスだったぜ、川口名人の5番目のお弟子!!





髪のボリューム感と、横からみた曲線の美しさがたまりませんなあ…。毛先がしっかり尖っているのもナイスポイント! 超サイヤ人3が大好きなミヤザワ、大満足である!

なお、初回限定特典として<『ドラゴンボール ゼノバース2』で使用できるTPメダル1枚が手に入るプロダクトコード>が同梱しているぞ! 『ゼノバース2』のプレイヤーならばお得感アップ!

さて、次回は同じく11月12日発売の、魔人ブウ(純粋)を紹介するぞ! お楽しみに!

【製品情報】
Figure-rise Standard 超サイヤ人3孫悟空

☆発売日
11月12日予定

☆発売価格
3,024円(税込)

☆メーカー
発売元:株式会社バンダイ

「Figure-rise Standard」や「Figure-rise Mechanics」の情報は公式サイトを要チェック!!
http://bandai-hobby.net/site/dragonball.html
スペシャル・開封ブログ
©バードスタジオ/集英社・東映アニメーション