【DBグッズ開封ブロク番外編】Figure-rise Standard 人造人間18号」を作ってみた!

2017.04.24

プラモ編第7回! 前回の人造人間17号に続き、双子の姉である18号を紹介です!

【DBプラモ第2回①】人造人間17号・18号を組み立ててみる!


※写真は試作品のため、実際の商品とは多少異なる場合がございます。

まずは素組みの写真からどうぞ。 






女性らしいフォルムと18号らしい表情がしっかり再現。肌が白いのもよくわかるかと思います! スカートが軟質素材かつ前後でパーツが分かれているため、脚もしっかり可動させられますよ。あと18号は表情パーツが3種類あるのもうれしいポイントです。


さらに17号同様、目線を変更できるシールが付属。6種類もあります!


そして17号と18号はボディに体内爆弾をセット可能! この体内爆弾のデザインは今回のプラモデル用にバンダイと東映アニメーションで共同開発されたものなのだ! もちろん体内爆弾を外した状態にもできます。
さて、18号もガンダムマーカーとリアルタッチマーカーで塗装してみました。



基本17号と同じ色合いでリアルタッチマーカーを使っていますが、肌はピンクを使っています。輪郭などは少しオレンジも混ぜました。あとは目の周りを黒くするとまつげがくっきりするので、メイクっぽくなって美しさがアップしますよ。
ピアス、ジャケットのボタン、ベルト周り、ブーツの金具は部分塗装。ジャケットのボタンをゴールドにするといいアクセントになりますね。


目の周りは、↑のように眼球のパーツを外してから内側にブラックで塗っています。


髪は以前制作した超サイヤ人3孫悟空の時のようにグラデーションを入れたいなと思い、毛先にオレンジやイエローで色を付けてみました。あまりきれいにはできませんでしたが…それでも情報量が増えるので印象が変わりますね!






下目線の表情も汎用性が高くていいですな。DBプラモデルシリーズ初の女性ということもあって、新鮮味があります。女の子っぽいポーズをとらせてみるのもおもしろいかも。
動画で18号のメイクの方法やプラモデルの撮影スタジオも紹介しているので、こちらもチェックしてみてください! ビクトリー・ウチダが手がけたとんでもないメイクは一見の価値アリです。

【DBプラモ第2回②】人造人間18号をメイクしてみる!


【DBプラモ第2回③】手軽に揃えられる撮影スタジオ!



お手軽方法で見栄えや写真のクオリティをアップできるので、皆さんもぜひ挑戦してほしいです!
そして次回以降のラインナップとして、トランクス、ベジータ、クリリンが確定しているので、そちらの情報もお楽しみに! 人造人間編の劇中再現が楽しみだな~。

【製品情報】
Figure-rise Standard 人造人間18号

☆発売日
4月29日

☆発売価格
2,700円(税込)

☆メーカー
発売元:株式会社バンダイ

「Figure-rise Standard」や「Figure-rise Mechanics」の情報は公式サイトを要チェック!!
http://bandai-hobby.net/site/dragonball.html

スペシャル・開封ブログ
©バードスタジオ/集英社・東映アニメーション