【DBグッズ開封ブログ番外編】新人スタッフがメガハウスさんに迫る! 『D.O.D.O.D第2弾 超サイヤ人4 孫悟空』について徹底インタビュー!

2017.08.18
『D.O.D.O.D第2弾 超サイヤ人4 孫悟空』のリアルな〝毛″の実態に迫る!


「何、この毛ぇ…!」

みなさん、こんにちは。新人スタッフFです( ˘ω˘ )
唐突な出来事に、初っ端からのこのテンションについてこられない方もいらっしゃると思います。

しかし!
フィギュアの概念を覆し、新たなステージへと進化した〝超モフモフ″の
【Dimension of DRAGONBALL Over Drive 超サイヤ人4 孫悟空】
を目の前にすると、たちまちこうなってしまうんです。

8月某日――

上司Z:Fさぁ、ちょっといい? このフィギュア超かっけぇから、とにかくよろしくな。
わたし:出た――――! 雑な振り! 本当勘弁してくださいよ…!

蘇るは、悟空の背中を削いでしまったあの日の記憶…。


(気になる方はコチラをチェック)

上司Z:先方には連絡してあるから、頼むな!
わたし:えっえ、先方って何ですか、えっえ…えええ。

ということで、フィギュア初心者のわたしが、ひと握りのドラゴンボールの知識とフィギュアとの思い出を胸に、訪れたのは株式会社メガハウスさん。


悟空と悟空と悟空と神龍のポスターを眺めつつ、緊張と不安で押しつぶされる寸前のわたし。
そこに、ドラゴンボールのフィギュアをいくつも抱えて出迎えてくださったのは、今回お話を伺う『D.O.Dシリーズ』、『D.O.D.O.Dシリーズ』などの広報担当、坂本達也さん。


坂本さん(以下、坂):Fさんはフィギュア初心者なんですよね? 何でも気になったことがあれば聞いてください!
わたし(以下、F):え…あ、そうなんです。何卒よろしくお願いします。(上司Zぉ! 初心者だってことを事前に伝えてくれていたのかーい! なにこのサプライズ! そして、気を遣ってくださる坂本さん…間違いない。絶対エエ人や。)

F:まずは『Dimension of DRAGONBALL Over Drive』(以下、D.O.D.O.D)の前身『Dimension of DRAGONBALL』(以下、D.O.D)の特徴を教えてください。
坂:コンセプトは〝衣装を布で再現″することですね。ドラゴンボールのフィギュアがいくつも商品化される中で、〝今までに無いものを造ろう″という大前提がありまして、ドラゴンボールの特徴でもある〝道着″を布で出来たら面白いのでは、ということでこのコンセプトが決まりました。

F:衣装が布になるだけで、かなり印象が違って新鮮です。
坂:ありがとうございます。生地選びも、加工のしやすさでは選ばず、実際に着せたときの見た目が、原作の雰囲気に一番近いものを選びました。ぜひ、触ってみてください!


F:あ、想像以上に分厚くてしっかりしてますね! 生地選び1つとっても妥協無し、ということですね。
坂:はい。それから生地だけではなく、道着のシワにもかなりこだわっています。原作の雰囲気にできるだけ寄せて、且つ、量産した際に個体差が出ないよう、しっかりシワが付く縫製方法や位置などをパタンナーさん(衣装のデザイン画から型に起こす役割の方)と何度も打合せを重ねました。通常のフィギュアの原型を造る流れで〝着付け″という工程が1つ増えた感覚ですね(笑)。
F:フィギュアの世界にもパタンナーさんがいらっしゃるのですか?
坂:ぬいぐるみなどを含め、ホビー業界では結構いらっしゃいますね。
F:あっ、確かにそうですね! 


F:この道着はひとつひとつ…。
坂:はい、手作業で着せています!
F:ぐはっ。

F:『D.O.Dシリーズ』の段階でかなりの苦労が感じられるのですが、なぜ〝Over Drive″することになったのでしょうか?
坂:ポーズが欲しかったんです!
F:お、おぉ…と、言いますと!?
坂:『D.O.Dシリーズ』は〝衣装を布で再現″に重点を置いていたこともあり、素立ちだったんです。というのも、どうしてもポーズをつけた上から道着を着せると、シワなどの状態を固定させることが難しかったんです。しかし、ドラゴンボールファンの名に懸けて、やはりここは「もう一段階上のチャレンジをしたい」ということで、『D.O.D.O.Dシリーズ』を展開するに至りました。
F:熱い、熱いですね! 具体的なチャレンジの内容を教えてください!
坂:まずは、第1弾が『超サイヤ人 孫悟空』に決まり、かめはめ波の状態で布を着せることになりました。道着の生地は変えず、シワの表現も徹底的にこだわり、+αで汚れや破れ加工を施し、戦闘中のシーンを演出しました。
F:気迫が増してカッコいいです!
坂:ありがとうございます。汚れひとつひとつ手作業で、より立体栄えする形を目指しました。ここでまた、ひと手間加わっています。
F:本当だ…爪に至るまで…。


(エフェクトパーツは付属しておりません。)

F:ここまでくると、第2弾はかなりハードルが高かったのでは?
坂:そうですね。なかなかの挑戦だと思います。そしてこちらが第2弾『超サイヤ人4 孫悟空』です!

F:うわぁあああ、毛が生えてる(笑)!!!
坂:そうなんですよ(笑)。


F:フィギュアを見た第一声が〝毛″ってなんかすいません…。
坂:いえ、今回に至っては〝毛″です。どうぞ触ってみてください。



F:何、この毛ぇ…!!!! (ライターとして、ここは感触を例えなければ…!)セレブが飼ってる犬みたいですね!
坂:爆笑(だったと思う。)実は、『D.O.Dシリーズ』で布を使って展開すると決まった当初から、この〝ボア素材″に挑戦したいと企画チームの1人が心に秘めていたんです。
F:えぇ、そうなんですか! では、野望が叶ったんですね!
坂:そうですね(笑)。 ファンのみなさまにお答え頂いた『D.O.Dシリーズ』商品化アンケート(2015年のメガホビエキスポにて実施)で、上位に『超サイヤ人4孫悟空』がランクインしていたこともありまして、「これはいよいよやるしかない」という感じでした。
F:それはもう必然な気がします。この〝毛″は一体どうなっているのですか…?



坂:ボア生地をPVCでできている原型の上から貼ります。
F:なるほど…。ボア生地は、冬服の裏地によく使用されるモコモコ素材と同じ生地ですか?
坂:そ、そうですね。とても馴染みのあるものだと思います。ちなみにPVCは〝ポリ塩化ビニル″のことで、合成樹脂(プラスチック)の一種です。フィギュアはPVCを使用している商品が多いです。
F:ご丁寧にありがとうございます! 素人ですみません!
坂:いえいえ。それで、毛足の長さもかなり試行錯誤しました。背中や腕の筋肉の張り具合を意識しつつ、毛のボリュームが薄いと、リアルな質感から遠のいてしまうし、盛り過ぎると筋肉の形が分からなくなり、もったいないので。もちろん劇中での雰囲気も守りながらです。
F:もしかして…筋肉の割れ目で、パーツが分かれているんですか?
坂:その通りです。筋肉を表現するため、ひとつひとつパーツに分かれています。これも手作業なので、道着を着せるよりも大変かもしれないです。もちろん下の道着も布なので、全身着付けされていますね(笑)。


F:勇ましい表情も圧巻な上に、俯瞰が効いた角度にも魅入っちゃいます。
坂:ありがとうございます。まさに〝10倍かめはめ波を撃ち下ろしている瞬間″の勢いを再現するため、アングルは敢えて正面ではなく角度を付けています。また、付属のエフェクトパーツは、10倍かめはめ波の赤色に合わせて、赤クリアで気をイメージしました。
F:本当に眺めているだけで楽しいです。家に飾りたいです。
坂:ぜひ飾りつつ、触り心地も併せて楽しんでください。『超サイヤ人4 孫悟空』を台などで一段上げて飾ると、俯瞰が活かされてオススメです。それから、やはり並べて飾って頂きたいですね!


F:第1弾と第2弾を並べると躍動感がすごいですね!
坂:パワーがありますよね。主観も入ってくるのですが、かめはめ波を撃つ瞬間って、ドラゴンボール好きなら、誰もが真似するくらい印象的な構えだと思うんです。だからこそこだわって、同じかめはめ波のポーズでも、微妙に顔の表情が違うパターンや、構えている位置が違うパターンを何パターンも考え、厳選しました。

F:衣装へのこだわりはもちろんですが、ポーズ1つとっても愛を感じます。
坂:実は…着彩方法も変えていまして、『D.O.D.O.Dシリーズ』ではより動きを出すため、筋肉の立体感を強調させる塗り方をしています。


坂:やっぱり悟空さんカッコいいですよね…。
F:(悟空のことを〝悟空さんと″呼んでしまう坂本さん。ドラゴンボール愛に溢れているところも、絶対エエ人や。)

坂:しかし、やはりこの毛の再現と触り心地は、正直やり過ぎ感はあります(笑)。ここまで凝ったかって(笑)。まだ〝やり過ぎてる″って感覚があるから良かったですが、麻痺してどうしようも無くなっていたら、尻尾まで〝毛″だったと思います(笑)。そこは一度冷静に、みんな落ち着こうってなれて良かったです。
F:爆笑。
坂:製造の過程で、電話のやり取りが多いのですが、毛の素材の話であったり、普段聞こえてくる会話とは全然違うので 、「あれ? フィギュアのメーカーだよな。」ってなったりもしました(笑)。
F:そこまで…(笑)。やはり今回は〝毛″ですね。
坂:〝毛″ですね。布と毛(ボア素材)を使用しているフィギュアで、このサイズ感はなかなか無いと思います。ぜひ、実際に触って頂きたいです、この〝毛″の感じを! 自信作です! ケアもできますよ。逆立てて、攻撃をしているだけではなく、受けている演出もできます! 自分好みに楽しんで頂けます!

F:ちなみに第3弾の予定は…?
坂:第2弾までやらせて頂いて、ココで終わりではないと思っています。また新しい形でチャレンジしたいです! みなさまにも次のキャラクターの予想や、期待を寄せて頂ければ嬉しいです。

F:坂本さん、本日は貴重なお時間ありがとうございました。新商品への想いだけではなく、ドラゴンボールへの想いもとても伝わってきました。ちなみに、坂本さんの好きなキャラクターは何ですか?
坂:悟空さんは断トツですが、ベタなところで言うと僕はパイクーハンが好きです。
F:パイクーハン、私も好きです(が、全然ベタじゃねーよ? しかし、坂本さん。やはり絶対エエ人)。

ということで、ドキドキの株式会社メガハウスさん取材でした。

【製品情報】


商品名:Dimension of DRAGONBALL Over Drive スーパーサイヤ人4 孫悟空
発売:2017年12月下旬予定
価格:9,800円(税抜)

プロフェッショナルたちの譲れない魂と愛が詰まった今回の商品。
ぜひその手で感じ取ってください、リアルな質感を。モフモフです。

それではまた次回のブログ更新をお楽しみに♪

メガハウスの商品情報はこちら
http://www.megahobby.jp/

スペシャル・開封ブログ
©バードスタジオ/集英社・東映アニメーション